横浜のインプラント最前線エリア別おすすめデンタルクリニック

横浜でインプラント治療を成功させたい人必見

抜歯せずに済む
治療法とは?

横浜でおすすめのインプラント » 横浜の相場は?気になるインプラントの費用について » 医療費控除について

医療費控除について

ここでは、インプラント治療で医療費控除が受けられるかどうかについて解説していきます。「インプラント治療を考えている」「既に治療を受け、医療費控除の対象となるのか知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね!

医療費控除ってどんな制度…?

皆さん、「医療費控除」という制度をご存知でしょうか?

医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が合計で10万円以上(総所得が200万円以下の場合にはその5%の金額)になる場合に、税務署に申告をすることで、一定の金額の所得控除が適用される制度です。

この医療費控除は、納税額から還付されるため所得税や住民税を納めていることが条件となり、控除の対象額は、以下の計算で割り出されます。

実際に医療機関に支払った医療費の合計-保険金などで補填される金額-10万円
(総所得が200万円未満の場合は「総所得金額×5%」)

「自分も医療費控除の対象かもしれない…!」と思われる方は、1年間に支払った医療費を計算してみましょう。もし対象となるなら、還付金を受け取れたり住民税を減らしたりできるので、結果的に高額な治療費を抑えることになりますよ。

インプラント治療も医療費控除の対象に

歯科の自由診療は、医療費控除の対象となります。つまり、インプラント治療も対象となるのです(※審美目的での治療は対象外)。自由診療で高額となるインプラント治療を受けた場合、医療費控除を活用してできるだけ費用を安く済ませるようにしましょう。

治療費はもちろん、通院にかかった電車やタクシー代の交通費控除の対象に含まれます。しかし、自家用車での通院による駐車代、ガソリン代は対象外です。

確定申告時にしっかりと手続きができるよう、治療に関わる領収書はきちんと残しておくことが大切。また、通院費が分かるように、診察券などでの通院日を控えておくとともに、実際にかかった金額を記録して提出する必要もあります。詳しい内容は、済んでいるエリアを管轄している税務署に問い合わせるのが確実です。

横浜の申請方法をチェック!

横浜市で医療費控除を受けるには、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を、お住まいの区を所轄している税務署へ提出する必要があります。

その際、医療費の支出を証明する書類(領収書など)については、確定申告書に添付するか提示することが求められます。また、給与所得がある方の場合は、給与所得の源泉徴収票(原本)も必要。還付金を振り込む口座番号等の情報や、認印も同じく必要です。

ちなみに、給与所得者で年末調整をしている方の申告については、2月16日~3月15日までの期間、お住まいの区の区役所でも受け付けているそうです(土曜・日曜は除く)。

エリア別横浜のおすすめデンタルクリニック
エリア別横浜のおすすめデンタルクリニック選び方を知って安心診療

抜歯せずに済む
治療法とは?