横浜のインプラント最前線エリア別おすすめデンタルクリニック

横浜でインプラント治療を成功させたい人必見

抜歯せずに済む
治療法とは?

横浜でおすすめのインプラント » インプラントとは?治療の基礎知識 » インプラント治療ができる人・できない人

インプラント治療ができる人・できない人

インプラント治療が必要なケースと必要でないケース、また治療ができないケースについて紹介しているページです。

インプラント治療はこんな方におすすめ!

入れ歯に不満のある方

「入れ歯が合わない(外れそう)」「入れ歯のバネが気になる」「思うように噛めず食事が楽しめない」「取り外して清掃するのがわずらわしい…」など、入れ歯に不満を持つ方も少なくありません。そんな方には、自分の歯のように物を噛めて違和感もない、インプラントがおすすめです。

発音や見た目が気になる方

人前で話すことが多い方や声を使う職業の方など、歯が生活に大きな影響を及ぼす方にはインプラントが向いています。入れ歯やブリッジでは、審美性や発音などで支障をきたす可能性もあるでしょう。

ブリッジで健康な歯を削りたくない方

ブリッジ治療の場合、ブリッジの土台にするために、両隣の歯を削る必要があります。ケースによっては神経を抜かなくてはならないこともあり、抵抗を感じる人も少なくありません。その点インプラントなら、隣の歯を傷付けることなく治療が可能です。

インプラント治療をおすすめできない方

続いて、インプラント治療をあまりおすすめできないケースをまとめてみました。

前歯を抜歯した方

前歯のインプラント治療は、難易度が高いと言われています。その主な理由は以下のとおりです。

虫歯であっても自歯が残っている方

まだ自歯が残っている方の場合は、抜歯を余儀なくされるインプラント治療よりも、まずは自歯を残せる治療(根管治療)を検討すべきです。インプラント専門医は抜歯の判断が早い傾向にありますが、自分の歯を残したまま治療できる方法をすすめてくれる歯科クリニックもあるので、患者さん目線で症状に適した治療を行なってくれる歯科医院を選びましょう。

治療ができないケース

妊娠中の方

妊娠中の女性は、以下のような理由からインプラント治療を避ける必要があります。

全身疾患

次に挙げるケースでは、医師との相談が必要になります。

顎骨が弱くなっている方

歯周病が進んでいたり、歯が抜けた状態を放置していると顎の骨が痩せ細ります。顎の骨が薄いとインプラントを固定できないため、治療が難しくなるのです。ただ、骨が薄くても可能なインプラントの方法もあるようなので、まずは医師と相談してみましょう。

エリア別横浜のおすすめデンタルクリニック
エリア別横浜のおすすめデンタルクリニック選び方を知って安心診療

抜歯せずに済む
治療法とは?